miriのつれづれ

観劇初心者。観劇やライブの話を中心に。

7/18(土) マチネ エリザベート

友人にチケットを譲って貰えたので、

エリザベートを観に行ってきました(^^*)

席は2階後ろの方。

キャスト

新演出とは聞いていたのですが、あまりに違ってびっくりしました!

それとも、日本版はずいぶん前に観たきりなんで、忘れてるだけかも。。

日本語で言葉が分かるってやっぱり良いですね🎵

さらに内容が分かりやすい演出になってましたし。

花シシィ

一部では声がかすれてるときがあり、心配になりましたが、二部では素敵な歌声を披露してました^^

ルドルフが亡くなった後のシーンでは泣けて、鼻水が垂れないようにするのに一苦労でした(爆)

井上トー

エロい!一番にそう思いました(笑)

すべてを操ってるトート様✨という感じでした。

この方、綾野剛になんとなく似ている気が。

京本ルドルフ

思っていたより全然上手かった!←失礼

お顔が宝塚の男役っぽい。

この方がエリザベートにも捨てられたと嘆くシーンが一番泣けました( ;∀;)

佐藤フランツ

すてきな皇帝でした!

フランツがいてこそのエリザベート!と感じました。

香寿ゾフィ

迫力!やはりゾフィ様は迫力がないと!

尾上ルキーニ

演技部分はいいですね!

歌は…‥頑張れ。。

ウンテさんのルキーニ観てると、歌については物足りなさばかり感じてしまいました(´・ω・`)

残念ながら、シシィパパの歌は生理的にムリでした。。

今回のエリザベート、ダンスが大幅に増えてましたね!

目でも楽しい(o^^o)

あと、トート様がすべてを操ってる感じが前面に出てました。

ルドルフもエリザベートも、トート様とのキスシーンは自分からしにいくんですね。

びっくりしました!

2人とも死にたがっていたんですものね。